ようこそ🎵

健康支援 BonAppetit

すべての人の健康支援栄養相談

保健医療従事者のスキルアップ

目指して日々活動する

管理栄養士 植村瑠美です😊

 

 

お彼岸には入りました。
おはぎ、食べましたか?

 

と言いたいところですが!

春のお彼岸の今は、
この食べ物の名前が

 

おはぎ

 

ではない

って知っていました?
季節によって
名前が変わるのです。

は…

 

 

 

ぼたもち

 

 

 

と呼びます。



牡丹の花から来ています。

 

昔は、あんこが少なくて、
もち米の白が
ところどころに見える様子が
牡丹の花に似ているためです。

 

 

秋のお彼岸は秋に咲く、
萩の花

にたとえられてます。
趣のある話ですよね😀

 

 

あんこだから体に良いですよね?

 

洋菓子はダメだけど

和菓子は良い

 

そう思っていませんか?

 

 

和菓子も洋菓子も


それぞれに

良いところ

悪いところ

 

があります。

 

ちなみに

和菓子は体に良い

 

と言われがちなのは

 

 

あんこ=体に良い

あんこ=健康的

 

みんなが思いこんでいるから。

 

 

9月に
あんこの神話をぶった斬る

あんこの半分は◯◯でできている

を書いた時は
非常に大きな反響をいただきました。
そうとうな衝撃だったようです。

 

 

あんこの半分はアレでできてるんです。
気になる方は
こちらの記事をチェック!
↓↓↓↓↓↓

あんこの半分は◯◯でできている

 

 

 

良い成分もたくさん含まれているけれど

 

あんこ・あずきは体に良い!
と言われる理由に

  • 食物繊維
  • サポニン
  • ポリフェノール

これらが多く含まれている
ことを理由に挙げられています。

 

 

確かにこれらの
栄養素は含まれているのですけどね。

 

 

その表現の仕方が
ちょっとどうかなぁ…

 

怪しいものが多くあります

 

 

例えば…

 

食物繊維。

 

あずきには多く含まれている!
という説明の時は

 

必ずと行って良いよど、

 

 

乾燥あずき100g中

 

 

と書かれています。

 

 

あずきを乾燥したまま食べるかいっ!!

 

という話です。

 


乾燥あずき100gには

ごぼうの◯倍の食物繊維が!

 

と書いてあるものまでありました
ごぼう100gは食べられるかもしれないけど、
乾燥あずき100gは
食べられないでしょ💦💦

同様にポリフェノール

乾燥重量で記載されていることが多い💦
乾燥あずきとワインを比べられても💦💦

 

 

残りの

サポニン

 

これは調理方法・加工方法によって
あんこに入る量は変化します。

 

 

なぜならサポニン

アク成分(えぐみ成分)だから

 

 

調理方法・加工方法によっては
「渋きり」という操作をすることで
アクを取り除いて
美味しいあんこを作ります。

 

あえて
サポニンを多く取り除かないよう
調整した調理方法でしたらいいけど…

 

まぁ、
それはあまり期待できません。

 

 

さらに、あんこの半分は
〇〇でできているのであれば…

 

あんこ=健康的
とは言い切れない

 

かと思いますよ。

 

なので、
「あんこだから」「和菓子だから」と
食べ過ぎないよう注意してくださいね😊

 

実は私は…本日、
ぼたもちを食べ過ぎちゃった💦

普段はそんなに食べないから
OKとしましょう!

そんな感じで微調整をしましょうね!😀

 

 

じゃ、また明日✨

 

 

■健康支援BonAppetit■

名古屋・三重・岐阜を中心に活動するフリーランス管理栄養士です。

すべての人の健康支援(栄養相談)と保健医療従事者のスキルアップを目指し日々活動しています。

【経営者・管理職向け:社員全員の仕事効率が上がる食生活】

【健康診断後:健診結果の読み方と食生活見直し講座(社員・経営者・管理職)】

★大好評★【管理栄養士向け:糖尿病指導に自信がもてるスキルアップセミナー】