ようこそ🎵

健康支援 BonAppetit

すべての人の健康支援栄養相談

保健医療従事者のスキルアップ

目指して日々活動する

管理栄養士 植村瑠美です😊

 

 

本日のブログタイトル。

 

管理栄養士という資格を
持っているからか

 

よく質問されます。

 

 

けれど、私にとっては

 

 

一番嫌いな質問。

 

 

なぜか!それはこの後…

 

 

 

マダムのおかげで私のランチタイムが…

 

仕事の合間のランチタイム。
公共施設でお弁当を食べていたら…

 

マダムたちの会話が耳に飛び込んできた。

 

 

マダムA
「コストコで購入した
 なんちゃらシロップの使い道が
 なくて困っとる。」

 

マダムB
「なんちゃらシロップって何?
 なんで買ったん?」

 

マダムA
「砂糖じゃないから
 血糖値が上がりにくいらしい
 でも私、砂糖を使わんから
 なんで買ったんやろうって感じ。」

 

マダムB
はちみつみたいな感じ?」

 

マダムA
「どっちかっていうと、 
 メープルシロップっぽい。」

 

マダムB
「そうなんや。じゃあ、体に良い感じやね。」

 

マダムA
「体に良いんじゃなくて、 
 血糖値に良いの。」

 


マダムB
「ふーん。
 メープルシロップっぽいと
使いにくそうやなぁ」

 

…と会話は続いたのですが。
この会話の一部が

 

 

気になって。

 

 

弁当の味がしないじゃないか。

 

 

「体に良い」って何??

 

テレビや雑誌でも見かける

 

◯◯は体に良い!

 

という表現。

 

 

 

例えば本日のマダム達の会話。

 

 

マダムAはおそらく

血糖値が気になっている。

 

なので、
血糖値が上がりにくい
というフレーズにひかれて

 

商品名が記憶に残らないような
シロップを購入したらしい。

 

 

だから

 

マダムBに
『体に良い感じやね」と

 

言われても、

体に良いではなく
血糖値に良いのだ


という回答になったのでしょう。

 

 

良い部分があれば悪い部分はある

 

マダムAのように

 

「血糖値が気になります」

 

ということを示してくれた上で

 

そのために
良い食品はありますか?

 

という質問は
私は得意です。

 

 

そのような前提がなく

 

体に良い食品はありますか?

◯◯は体に良いですか?

 

と訪ねられると困ります。

 


おそらくマダムB
こちらのタイプでしょう。

 

 

こうやって質問されたら
私は…

 

あなたの現在の健康状態、
将来の健康状態の希望
普段の食生活や運動量など

総合的に判断しないと
専門家としては答えが出せません。

 

 

もしくは、

 


◯◯は

ある病気には効果があります
しかし、
他の病気を引き起こすこともあります。

 

 

という回答しかできません。

 

もうちょっと楽しく笑いを交えながら
お話しするけどね❤️

 

 

 


 

 

え?プロならちゃんと答えてよ。

 

プロなのに
そんなハッキリしない
回答しかしないの?

体に良いもの教えてよ。

 

 

と思いますよね?

 

 

プロだから

【しない】のです。

 

 

◯◯は体に良い。

▲▲は血糖値に良い。

 

そんな情報しか発信できなかったら
人工知能さんと同じだと思っています。

 

各食品、各栄養素の
働きや作用は、
専門家だから知ってます。

 

でも
食品や栄養素だけでなく、

その人丸ごとを見た時に

体に良いのか悪いのか

 

相手に寄り添い、
ベストを提案できるのが

 

プロでしょ??

 

 

これが私の考え方😀

 

 

 

だから
なんとなく

◯◯は体に良いの?

って聞かれるの嫌いなの。

 

ではまた明日〜♪

 

■健康支援BonAppetit■

名古屋・三重・岐阜を中心に活動するフリーランス管理栄養士です。

すべての人の健康支援(栄養相談)と保健医療従事者のスキルアップを目指し日々活動しています。

【経営者・管理職向け:社員全員の仕事効率が上がる食生活】

【健康診断後:健診結果の読み方と食生活見直し講座(社員・経営者・管理職)】

★大好評★【管理栄養士向け:糖尿病指導に自信がもてるスキルアップセミナー】