健康支援BonAppetitへようこそ🎵
すべての人の健康支援や栄養相談、
保健医療従事者のスキルアップを
目指して日々活動する
管理栄養士、植村瑠美です😊

 

突然ですが…

 

 

トイレットペーパー、
1回に何メートル使いますか?

 

 

この質問に即座に回答できる人、
いるのかな?

 

 

伝えたい本質は何?

 

この前トイレに入ったら…
こんな貼り紙が…

思わずパチリ!!
盗撮してるみたいで
ちょっとドキドキ❤️笑。

 

 

この貼り紙が伝えたいことは…

 

このトイレは
つまりやすい

トイレットペーパーの
1回使用量が多いことで
つまりやすくなります

 

ということですよね?

 

5mという基準は本当に
必要だったのか??

 

この貼り紙見ながら、
トイレットペーパーくるくる巻いてたら…

 

いつもより
余分に使いそう
(笑)( ;´Д`)

 

 

伝えたいことを正確に伝えるための工夫。
いろいろやりますよね。
他に例えてみたり、
数値として示したり(←今回はこれだね)

 

ただ、工夫を間違えると
伝えたい本質がぼやける
ということが起こります。

 

伝えたいことはシンプルに

 

 

この貼り紙を作った人は

 

このトイレがつまるのは
トイレットペーパーの
使用量が

5mを超えた時だ!

 

何度も何度も実験して
この「5m」という基準を
導きだのかもしれない。

ちょっと、多めに使いたい人は
4.9mまでは使ってもいいよ!

 

という優しさからの
5m宣言だったかもしれない。

 

 

ただ、トイレ利用者からすると…

 

 

 

へ?5mってどんくらい?
何巻くらい?
とりあえず使いすぎには
注意しておきます。

 

と、5m情報は活用されない
ことの方が多いはず。

 

 

結局5m情報が活用されないのであれば

 

 

1回の
トイレットペーパー
使用量が多いと

トイレがつまりやすく
なります

 

もしくは…

 

トイレットペーパーの
使用量に注意!

 

 

このトイレは
つまりやすいです!

 

でよくない??

 

そしたら文字数が減るから、
もっと大きな文字で、
印象的な貼り紙ができるよ?

その方が利用者の目に入る
確率は上がるのにな。

 

【具体化】と【例え話】はシンプルに

本当に5mが大切なのであれば、

 

1回の使用量は
◯巻にしてください
(◯回転??)

 

とか

 

ティッシュペーパーのような
商品へ変更して、

1人◯枚までにしましょう

 

この方がわかりやすいですよね。

伝わりやすくするための
本当の【具体化】ってこういうこと。

 

 

 

一般的な何かに例える
という【例え話】で
伝わりやすくすることもある。

 

今回の例では
ちょっと説明しづらいので…

 

 

例えば!
1日の果物の目安量を伝えたい時。

 

私は

 

ゲンコツ1個分ね
多めに食べたい時は
ゲンコツ2個が目安

 

 

と伝えます。

 

イチゴは◯粒、グラムで言うと△グラム
りんごは中くらいなら半分。
あ!中くらいってのは1個△グラムのことね。
写真でお見せするとね………

 

と写真見せられても
買い物へ行った時、
果物を食べる時に
その写真はないから
基準がわからんし…。

 

と思うので、

私は、いつでも活用出来る
例えとして
ゲンコツを利用。

 

相手に伝えたいこと、
特に記憶に残したことであれば

 

シンプル is ベスト!!

 

ほら、「1時間に120mmの猛烈な雨」
と言われるより

バケツをひっくり返したようなとか
滝にうたれるようなとか

の方がわかりやすいでしょ?

 

とうことで、

このブログは読者の皆さんに
少しでも役立つように
シンプルかつ
楽しく
情報発信をしたいと思っています^^

 

トイレットペーパーの1回使用量が
わかった人は教えてねー(笑)

 

■健康支援BonAppetit■

名古屋・三重・岐阜を中心に活動するフリーランス管理栄養士です。

すべての人の健康支援(栄養相談)と保健医療従事者のスキルアップを目指し日々活動しています。

【経営者・管理職向け:社員全員の仕事効率が上がる食生活】

【健康診断後:健診結果の読み方と食生活見直し講座(社員・経営者・管理職)】

★大好評★【管理栄養士向け:糖尿病指導に自信がもてるスキルアップセミナー】