健康支援BonAppetitへようこそ🎵
すべての人の健康支援や栄養相談、
保健医療従事者のスキルアップを
目指して日々活動する
管理栄養士、植村瑠美です😊

 

仕事の移動で公共交通機関を
1日に数時間利用しています。
乗る頻度が高いとね…

 

車内アナウンスが気になる。

 

以前もこんなことが気になってた。
→→その一言で嬉しくなる←←

 

今日出会ったのはこんな運転士さん。

 

アナウンス内容が聞き取れない…(◎_◎;)

 

え?何て言った??

え??日本語話してる?

お?それは私が降りたい場所の名前かい?

 

いや、本当に。
全然何を言っているかわからない。
なまっているとかじゃなく

 

語尾が聞き取れない

ボソボソ話す

言葉を略す

 

うん。何言ってるか分からん!

 

でも、これは健康教室をやる私としては
我が身を振り返りたくなる体験(^_^;)


こんな感じで人前で話すことが多いです😀

 

語尾が消えやすい

これ、私。

最後まではっきり言いなさい!

ってよく注意されます。
人に「伝える」という場面では
大切なことです。

「◯◯です!」

って言ってるのに、だんだん声が小さくなるから

 

◯◯す…」と消えちゃう。

 

せっかく言い切っても説得力が弱くなる!

 

ボソボソ話す

早口でバーッと話したり
あまり口を動かさずに話したり

 

あなたの口から言葉は出ているけど
それ、相手には伝わっていませんよ。
相手に伝わっていなければ…

 

伝えていないことと同じ!

 

ですよね?
「言った」「言わない」のケンカは
ここから生まれることもあります。

 

言葉を略したり、専門用語を使う

糖尿病のことを 専門家は

DM(ディーエム)と呼びます。

英語で言うと「diabetes mellitus」。
その頭文字をとってます。

でも一般的に

DM=ダイレクトメール

ですよねー。

 

食後高血糖
間食
大血管障害
網膜症
神経障害
壊疽
透析

糖尿病の患者さんと話をする時に
みんなこんな言葉をよく使ってるよね。

それ、本当に相手に伝わってる??

 

 

『伝わらない」に悩む栄養士さん必見!講座やりますよ!

だからと言って普段使ってる専門用語。
どうやったら分かりやすいかが、分からない
一般の人に分かりやすく…と説明すると
こねくり回して、くどい説明になってない?

そこんとこ、まとめて面倒みます!
さらに…

 

「自信がない事はボソボソ声が小さくなる」

 

という人のために、
自信を持って、相手に指導ができるよう
今さら誰にも聞けない😱
超・基礎から振り返って学び直せます!👍

 

特に「薬が苦手…」という栄養士さんには
「薬がちょっと理解できた!」「栄養指導で活用できる!」
と反響が大きいです^^

 

そんなセミナーは今週末に名古屋で開催です!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
名古屋開催がついに決定しました!

 

まだ残席あります。
9月からの参加もOK👍

 

興味のある人はお問い合わせから
「スキルアップセミナー、参加したいです!」と連絡してね😀


少人数でじっくり学べますよ^^

 

■健康支援BonAppetit■

名古屋・三重・岐阜を中心に活動するフリーランス管理栄養士です。

すべての人の健康支援(栄養相談)と保健医療従事者のスキルアップを目指し日々活動しています。

【経営者・管理職向け:社員全員の仕事効率が上がる食生活】

【健康診断後:健診結果の読み方と食生活見直し講座(社員・経営者・管理職)】

★大好評★【管理栄養士向け:糖尿病指導に自信がもてるスキルアップセミナー】