健康支援BonAppetitへようこそ🎵すべての人の健康支援や栄養相談、保健医療従事者のスキルアップを目指して日々活動する管理栄養士、植村瑠美です😊

この数日で驚くことが起こりました。

それは…

 

ブログアクセス数の驚異的増加!

 

何が起こったの??とびっくりしましたが、

私の書いた報告ブログが「わかりやすい!」ということで多くの方がシェアをしてくれた影響でした!

それは…

先日の【美構造メソッドの開脚システムによる開脚セッションを受けてきた!】という報告ブログ。

↓↓↓↓↓↓実際の記事はこちら↓↓↓↓↓↓

60分でこの変化!プロフェッショナル♪-1-

60分でこの変化!プロフェッショナル♪-2-

 

改めて振り返る

書いたときは、こんなことが起こるとは想像もせず…

ただ…「すごっ!!めっちゃ変化した!!」という驚き、ワクワクを皆さんに伝えたい一心で書いていました。

それがなぜ、よかったのか。

自分なりに勝手に分析。

 

需要があるかなんて知らないわ。書きたいから書く!

作文書くことが大嫌いだった、植村がお伝えします😀

ブログを書くときに意識してること♪

 

そもそも文章を読むのが大嫌い

 

オトナになって文章を読む機会は増えましたが、

もともとは文章を読むのが大嫌い。

年間の読書数は「国語の教科書1冊」という感じ。

だから自分が読みたくないような文書にはしない。

これがマイルール。

 

 

小難しいことをこねくり回して書いてもね。

いかに短いセンテンスでグッと伝えるか!これは結構大事にしています。

 

なので、しゃべり口調っぽい書き方をしちゃうのかもね。

 

描くイメージを意識する

「こんな感じ〜!」と感情だけをアバウトに伝えても何も伝わらない。

なんだか楽しかったー!わくわくしたー!みんなにもおすすめ〜!

 

と言われても、私だったら「へー。そうなんだ」と思って、そのおすすめを自分も体験しようと思わない。

 

一方で、情報だけを伝えると味気ない。

◆◆とうことを行うことで△△の結果が生まれます。

 

と言われたら、「へー。そうなんだ」と思い、こちらも体験したてみようとは思わない。

 

なので、私は

 

情報」と「感情」の両方を入れて書きます。

そしてそれをイメージしやすい形で伝えることを意識しています。

 

例えばこの文章。

「三重県から岐阜県へ移動をして、会いたかったある人に会いました。」

それだけの情報を伝えています。

そこへ「三重から岐阜へは2時間かかります」という情報を加えることで「遠いんだな」とイメージができ、

「新幹線なら名古屋→東京へ移動できるんだよ!」と言われるとわー!「2時間」のイメージがより具体化されます(東海エリアの人じゃないと具体かされにくいかもしれませんが…)。

こうすることで「会いたかった人」がそこまで移動してでも会いたいのか!と

どんなに素敵な人なのかが勝手に伝わります。

 

この方とーーっても素敵な方なんです!!

 

と言われるより、

なんだかわからないけど、そこまでして会う価値のある素敵な人なのか!

 

そこまでして会って、その人に何をしてもらったの?と先を読み進めたくなるようにしています。

読んでくれる方がよりイメージしやすいようちょっと意識をしています。

 

写真は見て欲しい部分を指定する

じゃん!

と写真を出されても、どこを見たらいいかわからない。

私は、自分は右足がキレイに伸びないことを知っているから、

右足にすぐ目が行くけれど、他の人からすると「間違い探し」の状態。

 

右足を見て」と文章で書いてもいいけれど、この場合は

えーっと、右足はどっちだ??となる。(左右感覚が弱い私は特になる…)

 

だから…

ここを見て〜!ほら上がってるでしょ!という情報を補足。

 

 

志帆先生が写真を編集してbefore&afterを入れ、足の位置にを入れてくれています。

でもパッっと見せられると、このに気づかなかったりします。

そしてどこへ視線を持っていけばいいかわからない。

なので「頭の位置が全然違う!」という言葉を入れて視線を「頭」へ持って行くようにしています。

そうすると、自然にも目に入り、これが比較ラインか!と気づけます。

 

 

こちらも、上を下は何が違うんだ?と考えなくても

胸と床の位置」を見て!と指示をしています。

さらに「腰のあたりがしなやかになったように」は言われるとそう見えてくるとなるようにも意識しています。

だって本当は、しなやかどころか必死ですからー!!笑。

必死さを伝えたいのであれば「見て!頭ボサボサで必死でしょー!」とかけば

読んでいるひとは言われるとそう見える

でも今回、伝えたかったのはそこではない!

姿勢が良くなる、体の使い方が変わる!ということが伝えたいのだから、

しなやかに見えるよね」という見え方にする。

実上からグイグイ押されて前屈している画像に「しなやかでしょー」って言ったら

アホかい!ってなるけど、

自分で前屈しているわけですから、開始前よりしなやかになっていることに違いないのです😀

 

これは講座でも意識していること

これはブログを書くときだけでなく、講座やセミナー、個別相談でも意識しています。

パンフレットや資料を見ながら説明していても、相手は違う場所を見てることはよくありますからね。

 

皆さんも経験ありません?

相手はパンフレットの上半分を説明しているのに、自分は下半分の情報が気になって

全然話を聞いていなかった!ってこと。

 

えー私は上半分の説明をしているのに、この人なんで下半分のとこの質問してくるの??

やる気あるの?!理解しているのかしら??

 

あなたの説明の方法がちょっと変わると、そんな反応は減ってくるかも?!

 

「今はここを見てねー。これはこういうことが書いてありますねー」とポイントを押さえながら話を進めてみてはどうでしょう😀

 

 

そんな私はまだまだ勉強中の身です

と、えらそうに書いておきながら…

ブログに関しては4月にスタートしたばかり。毎日書くように意識し始めたのは約1ヶ月前から。

まだまだ

どう書いたらいいのか、

何を発信したらいいのか

迷いまくりです。

 

なので、月曜日にブログのセミナーを受けてきます!

その後のブログの変化をお楽しみに❤️

 

■健康支援BonAppetit■

名古屋・三重・岐阜を中心に活動するフリーランス管理栄養士です。

すべての人の健康支援(栄養相談)と保健医療従事者のスキルアップを目指し日々活動しています。

【経営者・管理職向け:社員と自分のパフォーマンスが上がる食生活】

【健康診断後:健診結果の読み方と食生活見直し講座(社員・経営者・管理職)】

★大好評★【管理栄養士向け:糖尿病指導に自信がもてるスキルアップセミナー】