健康支援BonAppetitへようこそ。代表の植村瑠美です。

ホテルでの朝食バイキングの選び方

私は勉強会や学会参加のため、月に1回はホテルに宿泊することがあります。

最近ではビジネスホテルでは「朝食バイキング付」ということも増えていますよね。

そんな時、どうしていますか?意識したことはありますか?

「年に1回しかホテルに泊まる機会はないの!!!」という方は、もう好きに食べましょう♪

せっかくの機会ですから!!

ある日の朝食バイキング

月に数回ホテルで朝食を食べる機会があるという人はこのチャンスを逃さないでほしいと思います。

普段は朝食を食べない人も「朝食がついているなら」とバイキングを利用されることもあるようです。

それなら、1日を頑張れる食事の選び方をしませんか?

朝食バイキングで選ぶ時のポイントはたったの3つ

この3つをそろえることを意識してみましょう。

①黄色グループ(主食:炭水化物)

②赤色グループ(主食:たんぱく質)

③緑色グループ(副菜:ビタミン・ミネラル・食物繊維)

 

詳しくは、また後日♪

上の朝食の写真。実はこの3つがちゃんと含まれているのです^^

「栄養士ってバイキングへ行くと、自然にバランスよくとってるよね」と栄養士仲間でよく話します。

「今日は食べるぞー!!!」とはりきって食べようとするんですけどね。

「意識する」を続けていると、いつか自然に「無意識」に変わるようなります。

そうすると、気づくと自分の体にあったものが選べるようになるようです。

私たちも資格をとる前はお菓子バリバリ、ジュースガバガバ飲んでましたから!!

ここで「意識するポイント」をつかんで実践してみましょう。